Home  next  動物園・水族館で触れ合う動物  next  飼育員として、動物園へ

飼育員として、動物園へ

飼育員として、動物園へ

動物園は万人に開かれた施設です。入場料さえ払えば、誰でも動物を眺めることができます。しかし、基本的に動物に触れることは許されていません。もっと親密に動物と関わりたいならば、飼育員になった方が良いでしょう。意外にもハードルは低い仕事のようです。

飼育員の仕事って?

動物園内で飼われている生き物の世話をするのが、飼育員のお仕事です。具体的には、動物の健康状態を確かめたり、彼らが快適に過ごせる環境を常に維持するために、園舎の掃除を行ったりします。また、繁殖を助ける手伝いをすることも、業務の1つです。動物が好きな人にとっては、とてもやりがいのある仕事となるでしょう。

他にも、園によっては入園者に対する接客や、広報。イベントの企画や運営に携わることもあります。獣医学に対する深い知識を持っていれば、動物園側からも大切にされるはずです。

必要な資格はなし!?

飼育員になるために必要な資格は、基本的にありません。しかし、現在飼育員として働いている人のほとんどが、大学の獣医学科や畜産学科、あるいは専門学校を卒業しているようです。本気で飼育員を目指すならば、あなたも専門的な勉強をした方が良いでしょう。

稼ぎだって重要だ

いくら「動物が大好き!」という人でも、しかるべき給料をもらわなければ働くつもりにはなれないはず。もっとも、意外にも、と言うべきか、飼育員の仕事はそれなりに高給なようです。公立の動物園ならば、公務員として採用されるので、役所などの職員と同程度の給料を得ることができます。民間の場合でも、かなりのハードワークのため、きちんと残業手当をつけてくれる場所がほとんど。十分に生活していける給料を得られます。

死を見届ける覚悟を…

動物園で働くということは、動物と接する機会が増えるということ。つまり、彼らの死を見届ける機会もまた、増えてくることになります。動物好きにとっては、これほど辛いこともないでしょう。働きたいならば、それなりの覚悟をする必要もあります。

決して「好き」という気持ちだけで勤まる仕事ではありませんが、やはり動物への感情は立派な資本となります。興味のある方は、募集している園を探してみると良いでしょう。

next 飼育員になるには?