Home  next  動物園・水族館で触れ合う動物  next  動物園で動物たちと触れ合おう

動物園で動物たちと触れ合おう

動物園

動物園は動物を見るだけ、ではありません。小動物や草食動物など種類は限られますが、直接触ったり抱っこしたりも可能です。ペット不可の賃貸物件に住んでいるなど、様々な事情でペットが飼えないのであれば、ぜひ動物園へ足を運んでみましょう。

意外と多彩!こんな動物とも触れ合える

動物園での触れ合いプログラムというと、定番はモルモットやウサギ、ヒヨコといった動物が主流ですね。ペットとしても飼えるような小動物がメインですが、最近は動物園でないと会えないような動物とも触れ合えるようです。

長野市茶臼山動物園

長野県にあるこの動物園では、レッサーパンダと触れ合うことができます。レッサーパンダというと直立不動の姿勢で風太君が人気を集めましたが、こちらのアイドルはロン君。GW以外の土日祝日の午後から1日1回お散歩タイムが設けられてリ、散歩するロン君と触れ合うことができます。

またこの動物園ではほかにもミミズクの仲間であるオオコノハズクを檻から出し、間近で見られるイベントやリクガメのエサやりなど珍しい動物とたくさん触れ合うことができます。

阿蘇カドリー・ドミニオン

日本テレビの「しむら動物園」でアイドル的存在だった、チンパンジーのパン君が飼育されていることでも有名なこの動物園。ここでも様々な珍しい動物と触れ合うことができます。

熊本県、ということでこの動物園では世界の色々なクマとの触れ合いに力を入れているよう。園内には8つのエリアが存在し、それぞれで動物たちと触れ合うことが可能です。犬や猫はもちろんのこと、ツキノワグマの赤ちゃんを抱っこできたりもします。またワンダーパークというアスレチックが併設されている施設では、様々な動物たちとかなり自由に触れ合うことができるよう。

もちろんテレビでおなじみのパン君も見ることができ、運がよければパン君のほうから近寄ってきてくれたりもするんだそうです。とても見ごたえのある動物園ですので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

福知山市動物園

三段池公園内にある、規模は小さ目ながらも動物との距離が近い動物園です。かつて立ち上がるレッサーパンダとして人気を博した、風太君がいた動物園でもありますね。ライオンなどの猛獣はいませんが、レッサーパンダを筆頭にペンギンやシロテナガザルなどが飼育されています。

触れ合える動物の種類は多く、注目すべきはシロテナガザルとの触れ合いタイム。シロテナガザルはワシントン条約で絶滅危惧種に指定されている、存在自体が珍しい動物です。そのシロテナガザルと触れ合えるのは、ほかの動物園ではなかなかないのではないでしょうか。三段池公園のなかにありますので、動物園だけでなく近隣の施設も楽しめる、とても和やかな場所です。

ほかにも期間限定で、赤ちゃんが生まれた場合に限られますがライオンやトラなどの猛獣の赤ちゃんと触れ合える動物園もありますね。様々な事情でペットを飼えなくて動物園へ足を運ぶのもいいですが、動物園でしか触れ合えない動物を目当てにするのもおもしろいでしょう。

賃貸物件に住んでいると、ペットを飼うのはなかなか難しいですね。同じ間取りでも賃料が若干高めですし、そのうえペットを飼うとなるとエサ代など、出費が増えます。でしたらたまに動物園に行って、存分に動物と触れ合うのもアリではないでしょうか。