Home  next  動物がくれるハッピーな効果  next  生活にリズムを!ペットと毎日の充実

生活にリズムを!ペットと毎日の充実

生活にリズム

動物を飼う1つのメリットとして挙げられるのが、生活にリズムが生まれる、ということです。何かと手間もかかる動物ですが、一方で、たとえば犬の散歩は飼い主の運動にもなり、気分転換にもなります。どうにも生活が弛みがちな人は、動物の飼育を考えてもいいでしょう。

この後はペットの世話…自然な生活のリズム

特に専業主婦にとっては、ペットの世話は重要な生活の一部となるでしょう。
朝起きて子どもたちを送り、一通り家事を終えると、もうすることがなくなる日も少なくありません。そんなときに犬・猫を飼っていたら、お昼になれば彼らのご飯を用意する必要もあります。暇な時間を、過度な負担にならない程度に潰してくれるわけです。

朝は子どもたちの世話と家事、お昼にペットの世話と買い物、夕方になれば散歩…と1日をプランニングすると、毎日に「ハリ」が生まれます。「今日もしっかりと生きたな」という充実感が得られるのも、ペットを世話する1つのメリットと言えるでしょう。

在宅ワーカーは仕事の息抜きに

自宅で、ライティングやデザインや翻訳などの仕事をしている方も多いでしょう。1人で孤独に行う仕事は、どうしても単調になって、気を緩めてしまいがちです。作業の質を高めるためには、適度な息抜きが必要です。

そんな際、犬の散歩は最適な気分転換になるでしょう。毎日続けていると犬も時間を覚えて、「散歩行こうよ」とせっついてきます。そんな健気な姿も、とても愛らしくて心が癒されます。

また、嫌なことがあったとき、辛いことがあったときには、ペットと遊ぶと気分が紛れます。「職場で上司に叱られた」「友達に予定をドタキャンされた」…そんなときは、思いきりペットを可愛がってあげましょう。1時間も遊べば気分が切り替えられるはずです。また、「今のうちに○○しておこう」と、別の用事が思い浮かんでくることもあります。

ペットのいる毎日は、生活から「中だるみ」を取り去ってくれます。毎日が何となく過ぎていく、というルーズな生活は一見居心地が良いようで、「このままでいいのか」という曖昧な不安も招くものです。充実した暮らしのためには、ペットの存在が欠かせません。