Home  next  家で飼える愛されペットのすべて  next  猛禽類、どんな種類がいるの?

猛禽類、どんな種類がいるの?

猛禽類

猛禽類とひとことでいっても、実際色々な種類が存在します。ペットとして人気が高い梟やミミズクを始め、京都などでは厄介者として扱われているトンビ。さらに猛禽類の代表的存在のワシやタカ。

猛禽類の世界では、それぞれ大きく3つのグループに分けられます。まずハリスホークやオオタカなどが属するワシタカの仲間。そして次がハヤブサの仲間。最後がフクロウの仲間です。この3つはそれぞれどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

猛禽類の代表格!ワシタカの仲間

猛禽類の代表格といえば、ワシタカの仲間です。ワシタカのなかでもいくつかのグループに分けられており、まずはオオタカなどのハイタカ属。このグループに属する種類はショートウイングと呼ばれ、素晴らしい反射神経と獲物への執着心、スピードを兼ね備えています。そのため鷹狩りのために飼育されることが多く、日本ではもっとも飼育数が多いんだそうです。見た目も美しく、飛ぶ姿には目を奪われてしまいますが狩猟本能が強いため、初心者が飼育するには不向き。鷹匠など、プロ級の人たち向けですね。

一方でハリスホークを中心としたノスリ属の鳥たちは、ブロードウイングと呼ばれています。性格はおおらかで人になれやすいため、初心者でも比較的飼育しやすいんだそうです。ただ体の大きさは中型で、それなりに存在感があります。さらにフンを後方に飛ばす習性があるため、室内で飼育する場合はなかなか苦労しそうです。

ペットとして人気のハヤブサの仲間

小型種ではチゴハヤブサやチョウゲンボウ、中型や大型種だとハヤブサ、シロハヤブサなどがいるこのグループの鳥たちは、ロングウイングと呼ばれています。見た目は端正な顔立ちをしていますが、どことなく愛くるしさが見え隠れ。さらに人にもなれやすく、ペットとしてとても人気なのですが、飛ばすときは要注意。油断するとすぐにどこかへ飛んで行ってしまうため、その辺りの調教はとても難しいのだとか。ただ上空からほぼ真下にむかって急降下してくる姿は、猛禽類好きにはたまらないのだそうですよ。

また小型種のチョウゲンボウなどは、室内飼育が可能でペットに向いている種類です。実際飼育している人も多く、猛禽類らしい種類を飼いたいがスペースがない、という人にはぴったりの種類。鳥類を飼育する際の悩みでもある、羽の生え変わり時期の掃除の手間も中型や大型種に比べると格段にラクです。

ペットとしては最多のフクロウの仲間

今やポピュラーなペットともなりつつあるのが、メンフクロウをはじめとするフクロウの仲間ですね。見た目もかわいらしく、種類によっては小型犬よりも小さなサイズにしか成長しないものもいます。そのため最近ではホームセンターやペットショップでも扱われることが増えていて、飼育している人の数も右肩上がりなのだそうです。

ペットとして主流なのは小、中型種のメンフクロウやスピックスコノハズク、ヨーロッパコノハズクといったところ。とくにメンフクロウはフクロウの仲間のなかでも繁殖が簡単なので価格も安く、もっともポピュラーな種類といえるでしょう。実際ペットショップに行くと、メンフクロウなら10万円ほど、スピックスコノハズクだと20万円ほどで販売されていることが多いようです。

こうしたペットショップで販売されているようなものは大抵ヒナから人の手で育てられたインプリント個体なので、とても飼いやすいです。止まり木など、定位置さえ決まればフンも下に落としてくれるので室内外でもあまり苦労しません。初心者がまず飼育するならば、メンフクロウやスピックスコノハズクがおすすめです。

猛禽類は総合的に見れば、小型種であればあるほど飛ばすための調教は難しくなりますが、飼育自体はラクになります。ただ猛禽類を飼育するだけでなく、鷹匠のように調教までしたいのであれば中型種よりも大きな種類でないと、なかなか難しい部分があるようです。ですが中型や大型種の猛禽類を飼育するためには飼育設備を整えなければなりませんし、調教にも技術や知識が必要です。初心者が簡単にできるものでもないので、その辺りはしっかり考えて飼育に踏み切るようにしましょう。