Home  next  家で飼える愛されペットのすべて  next  ペット向きのフクロウを飼うためのハウツー

ペット向きのフクロウを飼うためのハウツー

フクロウ

フクロウを飼いたい。そう考えている人、意外と多いようですね。ですがいくら小型種とはいえ、インコや文鳥とは比べ物にならないほど大きな体を持つフクロウ。さらに肉食ですので、エサも違ってきます。では実際飼育するためには、どんな準備がいるのでしょうか。

まずは飼育スペース、道具を準備

飼育するためにはペットとして迎えるためのスペースを確保しなければなりませんね。メンフクロウやスピックスコノハズクといった、このような設備と道具が必要です。

・止まり木&ゲージ
まずはフクロウの定位置である、止まり木を用意してあげましょう。室内飼いで止まり木につないで飼育するならば、ケージはなくても構いませんがその分部屋を汚されることを覚悟しなくてはなりません。またゲージなしで飼育する場合、一部屋をフクロウの部屋にするなど、工夫が必要。人間と隔てるものがないと、自分の縄張りに常に人間がいるような状態で、実はストレスがたまりやすいんだとか。そのためそこそこの大きさのフクロウでも、できればゲージに入れて空間をきっちりわけてあげる方がいいんだそうです。

ちなみにゲージは体長25センチぐらいまでの小型種なら、最低でも高さ80センチ程度のものを用意しましょう。できれば100センチぐらいあると、フクロウ的には快適です。

・水飲み、水浴び用の容器
飼育するためのスペースが確保できたら、大事な水分補給用の容器を用意しましょう。飼い方にもよりますが、理想的なのは水を飲みつつ水浴びができるような容器。フクロウがゆったりと水に浸かれるぐらいの大きさで、深さは少々深めがベストです。

・皮手袋
小型種のフクロウといっても猛禽類です。鋭いツメやクチバシを持っているうえ、握力も強力。そのためインコや文鳥のつもりで素手のまま乗せたりすると、手がズタズタになってしまいます。手に乗せるときだけでなく、エサを与えたりゲージ内を掃除するときは着用必須となるため、ひとつは用意しておきましょう。ペットショップなどでは猛禽類専用の手袋もありますが、小型種なら市販の皮手袋でも代用可能です。ただ布製の手袋はツメが引っかかりやすく、汚れも落ちにくいので避けましょう。

・爪切り、ピンセット
鳥も人間と同じように、ツメがのびます。野生の場合はゴツゴツした木などに日常的に止まっているため、自然と削れていくのですがペットの場合は人間が適度に切ってあげなければなりません。そのままにしておくと人間がケガをしやすくなるだけでなく、フクロウ自身も自分のツメでケガをしてしまいます。同じくクチバシも適度な手入れが必要。犬や猫用の爪切りで代用可能です。

またピンセットはエサを与える際にあると便利です。手でそのまま与えると、人間の手=エサと勘違いしてしまい、手を出しただけでつつくようになってしまうことがあるそうです。そのためエサを与える際にはピンセットを使うと、思わぬ事故を防げます。

いちばん気になるエサは?

見た目はかわいらしいフクロウも肉食の猛禽類。エサはマウスやウズラ、ヒヨコなどの肉がメイン。猛禽類などのエサ用として冷凍されたものが販売されていますので、それをそれぞれの体重に応じて与えます。大人のフクロウなら、1日1~2回。量は小型種なら体重の15~20%を1日分として与えるのが理想的。

なので、フクロウをペットとして飼う場合、冷凍マウスやウズラなんかを扱わなければなりません。しかも適当に1匹ゲージのなかに入れておけばOKというわけでもなく、しっかり量をはかってピンセットで与えるのです。苦手な人にとってはなれるまでつらいものになるかもしれませんね。また種類によってはコオロギを食べることもあるため、虫への耐性も必要になってくるようです。

ほかにも最低限の温度管理をするための冷房、暖房器具や脱走防止のためのネットなど、細々とした準備が必要です。また集合住宅に住んでいる場合は鳴き声のための防音対策も必須となるよう。ペットショップではあまり鳴かないことが多いフクロウですが、ペットとして迎え、ストレスフリーになると夜通し鳴きっ放しなんてことも珍しくないんだとか。今回紹介した準備は、あくまで最低限です。種類やどの程度成長しているかによっても必要なものが違いますので、購入前にしっかり準備しておきましょう。