Home  next  動物がくれる幸せ  next  知っておきたいペット保険

知っておきたいペット保険

ペット保険

ペットを最後まできちんと責任をもって飼うのであれば、どうしても病院のお世話にならなくてはいけません。犬や猫などのペットでも、人間と同じような病気にかかりますので、その都度適切な治療をしてあげる必要があります。

しかし人間と大きく違うのが、ペットの治療には健康保険が使えませんので、自費で治療を受けさせなければいけないことです。そのため診察代だけでなく薬や注射など、とくに晩年のペットには多くの医療費が必要になってきます。

そこで知っておいていただきたいのがペット保険。民間の保険会社が販売している、ペットにかかる医療費を補償してくれる保険です。ペットにかかる医療費は年々増加傾向にあるとも言われていますので、この機会にぜひ知っておいてください。


動物病院の費用の目安を知っておこう

まずはペットが病気になったりして動物病院に連れて行ったとき、実際にいくらぐらいかかるのかを知っておきましょう。ちなみに動物病院のサイトを見ても、治療費を明確に記載している病院はありません。記載すると法律違反になってしまうそうなので、金額をはっきり明記している病院は避けた方が無難かもしれませんね。

多くの動物病院では初診料が1,000~1,500円、再診料は500円~1,000円ぐらいで設定しています。しかし都心など地価が高い地域にある病院はテナント料も高額なので、全体的に高い傾向にあるのだとか。心配ならば、あらかじめ電話確認しておくと目安を教えてくれるので安心ですよ。

次に、よく行われる検査費を紹介します。

・尿検査:1,000円~1,500円前後
・糞便検査:1,000円前後
・血液検査:3,000円前後
・レントゲン:4,000円前後
・超音波:4,000円前後

レントゲンや超音波はうっかり物を飲み込んでしまうことの多い犬や、高いところから飛び降りてケガをしがちな猫にはよく行われる検査です。さらに何か処置を行った場合は治療費が上乗せされますので、病院に連れていく際には1回1万円ぐらいは見ておいた方が無難ですね。さらに入院となると、10万円ぐらいはかかる可能性もでてきます。

病気にそなえるペットの医療保険

このように、動物に関わる医療費はどうしても高くなりがちです。そんなときに入っておくと安心なのがペットの医療保険。具体的にどのような保険があるのでしょうか。

アイペット損害保険株式会社 うちの子ライト
最低月額費用 犬:990円~/月額(1歳) 猫:780円~/月額(0歳)
保険支払割合:9割
入院補償:○
通院補償:×
手術補償:1回50万円まで(年2回まで)
継続可能期間:終身(加入は12歳11ヶ月まで)
免責金額:3万円

掛け金が手ごろで、一生涯入っておける保険として価格ドットコムの2015年4月~6月のランキングで1位を獲得したペット保険です。

この保険の特徴は、多くの割引制度があること。ネットからの申し込みで10%引きだけでなく1年間保険金の支払いがなかった場合は5%引き、複数頭まとめて加入すると割引など様々です。さらにペット賠償責任保険を特約でつけることもできますのでペットが誰かのペットを傷つけてしまったときなど、思わぬ事故にも備えられます。

アクサダイレクト いぬのきもち保険&ねこのきもち保険
最低月額料金:犬:1,470円~/月額(2歳) 猫:1,210円~/月額(2歳)
保険支払割合:5割(プラン50)・7割(プラン70)
入院・手術・通院補償:○(プラン50は50万、プラン70は70万まで)
継続可能期間:終身(加入は13歳まで)

人間の医療保険でも有名なアクサダイレクトが手掛けるペット保険。手頃な掛け金でありながら、手術から通院までしっかりとカバーしてくれます。さらに手軽に入れるのも魅力で、8歳未満なら獣医による健康診断を受けずとも加入が可能です。もちろん8歳以上のペットも健康診断を受け、問題なければ加入できますよ。

いぬのきもち保険にも自分のペットが他のペットをケガさせてしまったときなどに対応するペット保険賠償責任危険補償特約をつけることができます。飼い主に法律上の賠償金や示談金が発生した際に補償を行ってくれる特約で、被害者との賠償金交渉を代行してくれる特典つき。担当者が誠意ある対応を行ってくれますので、事故を素早くかつ円満に解決してくれるでしょう。

これらだけでなく最近では携帯電話会社もペット保険を扱い始めており、auに続き、ドコモも2015年4月からペット保険の販売を始めています。月々の掛け金を携帯電話の料金と合算して支払えるため人気のようです。

人間の医療保険と同じようにペットの医療保険も犬種や年齢などによって掛け金が変わり、小型犬の補償に特化している会社や、掛け金は高くとも支払った医療費を100%補償してくれる会社など、特徴は様々です。数多くありますので大変でしょうが、ご自身の飼いたいペットにあった保険会社を探してみるといいでしょう。

ある調査では、全体の約半数の飼い主がペット保険に加入しているとまで言われています。とくに室内飼いのペットは誤飲などの事故が多いため、万が一のために入っておいている飼い主さんが多いのだそうです。新たな家族の一員となるペットにいつでも安心して治療を受けさせてあげられるよう、ぜひ検討してみてください。