Home  next  動物って、なんだろう?~癒し? パートナー?  next  動物は1人暮らしのパートナー

動物は1人暮らしのパートナー

動物は1人暮らしのパートナー

「動物は家族と同じ!」…ペットを飼っている人は、大体がそのように考えているようです。確かに、動物を人生のパートナーの1人として数えることも可能でしょう。特に1人暮らしの人たちにとってペットとの関わりは、生活に豊かな潤いを与えてくれるはずです。

物言わぬ動物たちは

動物は、言葉を喋ることができません。それを「寂しい」と思う方もいるかもしれませんが、ある意味では美点でもあるでしょう。動物が人間のように言葉を喋り、不平不満を言うようになれば、きっと無条件で可愛がることはできないはずです。

気難しくなりがちな1人暮らしの熟練者にとっては、物言わぬ動物たちがもっとも接しやすいパートナーとなるはず。生活に寂しさを感じたら、飼ってみるといいでしょう。

私は、1人じゃない

動物は、世話が大変なものです。しかし、世話をした分、彼らは必ず人間に懐いてくれます。このあたりは、もう子育てと同じ。手間をかければかけるほど、ペットのことが愛おしくなります。動物と共に親密な時間を過ごしていると、「自分は1人じゃない」と思うことができます。寂しさを埋めてくれるのは、友達や恋人や家族だけではありません。

動物と親しくなりすぎると…

しかし、あまり動物に入れ込みすぎると婚期が遅れる、という噂もあります。彼との生活に自足してしまって、異性に対する興味・関心が薄れてしまうわけです。もっとも、それも覚悟して動物を飼うのも、悪くないことでしょう。動物は人間と違って、決して裏切ることがありません。何があっても、あなたが手放さない限り、死ぬまで傍にいてくれます。

こいつのためにも…頑張ろう!

動物を養うのには、とてもお金がかかります。しかし、いつまでも手がかかる彼らは、いわば「永遠の子ども」のようなもの。「この子のために頑張らなくちゃ」という気持ちを常に持たせてくれます。動物を仕事のモチベーションとして捉えることもできるでしょう。

生活に孤独を感じている人も、たくさんいるかもしれません。でも、家族を作るのはとても簡単です。動物を飼って、精いっぱいの愛を注いであげるだけ。人生のパートナーとしてのペットを得れば、辛くて暗い人生も、きっと乗り切ることができるはずです。