Home  next  動物がくれるハッピーな効果  next  快適な「プチ孤独」にはペットが欠かせない

快適な「プチ孤独」にはペットが欠かせない

ペット

最近は、一生を未婚で貫く方も増えているようです。「結婚が善」という世間的な価値観が変わりつつある、ということでしょうか。しかし、人間は誰しも徹底的な「孤独」は嫌うものです。何か心を慰めてくれる存在がなければ、生き抜いていくことはできません。

ペットで変わる生活への充実感

孤独を解消するもっとも手早い手段は、やはりペットを飼うことでしょう。犬・猫といった社会性のある動物だけでなく、水槽で魚を飼うことも孤独の解消に繋がります。生き物を「世話してやる」ことは、飼い主の自尊心を満たして、充実感を与えるからです。

風俗嬢や中高年の独身男性にペットを飼う人が多いのは、おそらくそのせいでしょう。自分の存在意義を確認するためにも、「弱者」を身近に置くことは大切と言えます。もちろんそれは浅ましいことでも、虚しいことでもありません。高級ブランド服を買いあさり、顔を整形することが「自己投資」だと勘違いしている人よりも、よほど人間らしい行いです。

横のつながりが生む心地よい連帯感

また、ペットは、同じ種類の生き物を飼う者たちの連帯も作ってくれます。ネット上の掲示板でも、ペットに関する意見交換は盛んです。また、地域のドッグランなどでは、肝心の犬は自由に遊ばせておいて、飼い主同士が楽しげに談笑する姿もよく見られます。

他人とのコミュニケーションは、人間にとって欠かせないものです。しかしその距離が近すぎれば鬱陶しくなり、遠すぎれば浅くなるもの。「エサは何をあげているか」「散歩はどのコースか」…そんな会話は、適切な「距離感」を作り出します。ペットは心地よい人間関係を築き、孤独な生活を送る飼い主の気分をリフレッシュするのにも役立つわけです。

「孤独」は時として、精神的な病となって表れることもあります。しかしペットがいる生活、そしてペットから生まれる人間関係は、そういったリスクも軽減してくれるでしょう。心地よい「プチ孤独」を保つためには、ペットの存在が必要不可欠かもしれません。