Home  next  家で飼える愛されペットのすべて  next  闘犬と愛玩犬の違いとは

闘犬と愛玩犬の違いとは

あなたは犬を飼ったことがありますか?あなたの家が地方の一軒家なら日本の犬、それも柴犬を飼うと良いでしょう。子供の頃はコロコロとかわいらしく、成犬になればりりしい姿になって、ご主人さまの言うことを聞く立派な犬です。昔から人々に飼われ、愛されてきた柴犬は人間の気持ちが一番わかる感受性豊かな犬なんです。

都会では小さな愛玩犬を飼う人がほとんど

逆に都会では庭のないマンション・アパート暮らしも普通です。そうなると外で飼う犬は飼えませんから、自然とチワワやパピヨン、ミニチュアダックスになります。小さく可愛らしく、部屋の中でもいつも一緒にいられるので、小さい子どもたちやお年寄りにとっても大切な友達になります。

こうした愛玩犬を飼っている人が都会ではほとんど。しかし地方の一部では闘犬という文化が今も残っています。直接ではないにせよ、テレビや雑誌、漫画などで闘犬を見たことがある方もいると思います。古代から伝わる娯楽として、闘犬は様々な地域で行われてきました。

昔の競技としての闘犬は、犬同士が腹を見せるまで、もしくはどちらかが死んでしまうまで続行されることもあったようです。犬の飼い主たちはそんなことになっても平気なんでしょうか?今では犬が死んでしまったらきっと問題になり動物愛護協会がすっとんでくることでしょう。

高知県では今でもおこなわれています

競技に用いられる犬種としては、ボクサーや土佐闘犬などが代表的ですが、昔は秋田犬などの大型狩猟犬も競技に駆り出されていたそうです。現在でも高知県では行われており、地域の観光名物となっていますが東京都、神奈川県、富山県、石川県、北海道には「闘犬取締条例」というものがあり、禁止されています。

女性は荒々しい闘犬のような男性を求めている

闘犬を見る見物客の中には、女性の姿も多いようです。愛玩犬のようにおとなしく従順な男性が増えているせいか、闘犬のような荒々しい男性を求めているのでしょうか。土佐犬はあまりにも気性が荒いため、去勢する場合もあるようです。人間でも、下半身が元気かどうかで性格まで違ってきます。EDぎみな方は自信喪失ぎみでついつい女性の前でも遠慮しがち。そんな方には今、ED治療薬を処方してくれるクリニックがありますので頼ってみてはいかがでしょうか。きっと自信を取り戻して闘犬のように男性として堂々と世の中と闘っていけるはずです。 男に生まれたからには、従順な愛玩犬よりも闘犬のように生きて行きたいものですね。