Home  next  動物がくれる幸せ  next  ペットのためにもしつけは大事

ペットのためにもしつけは大事

ペットのためにもしつけ

ペットを飼っている人のなかには、ペットは家族なのだからしつけはいらない。しつけはかわいそうなもの、と認識している人もいるかもしれません。しかししつけは人間にはもちろん、ペット自身にとっても大切なものです。家族として楽しく生活するために、家族だからこそペットにしっかりとしつけは行いましょう。

しつけをしていないペットは愛されない?

しつけをされていなくとも、ペットは愛らしい存在だという人もいます。しかし実際のところ、しつけをされていないペットは無条件で愛するには難しい存在です。例えば犬の場合は無闇に吠え掛かったりだれかれ構わずにかみついたり。さらに所かまわず排泄をしてしまったりと、とても扱いにくい犬になってしまいます。

またこうした基本的なしつけがされていないと、他人にも迷惑をかけるかもしれません。散歩中にたまたま会った人にかみついてケガをさせてしまったり、昼夜構わず吠えて近所の人を困らせたり。かみついてしまった場合は、程度にもよりますが最悪は殺処分される可能性もあるのです。とくに犬は散歩をさせるなど、他人と触れ合う機会が多いペットですので、きちんとしたしつけが大事になってきます。

自分が主人であると認識させよう

犬をしつける基本は、自分が主人であると認識させることから始まります。しつけのされていない犬は飼い主から叱られたりした経験があまりないため、飼い主を自分よりも格下だと思い込んでいるケースが多いようです。例えば犬の名前を飼い主が呼んでも反応がないのであれば、上下関係が崩れている証拠。上下関係を徹底させることから始めましょう。

・アイコンタクトしつけ
上下関係をはっきりさせるためには、アイコンタクトしつけを行います。飼い主が名前を呼んだら、犬は何をしていたとしても即座に飼い主と目をあわせるようにするのが目的。これは犬のなかの「リーダー=注目される存在」という暗黙の判断基準を応用したものです。名前を呼べばそのときやっている行動をすぐに中断し、飼い主の目を見ることができれば散歩中に興奮し、車道に飛び出しそうになってしまったときや犬の知らない人が家に遊びに来たとき。様々なシーンで犬の行動をコントロールすることができるようになります。思わぬ事故やトラブルを防ぐためにも必須のしつけですので、しっかり行いましょう。

アイコンタクトしつけを進めていくには、アメとムのアメがポイントとなります。飼い主の理想とする行動、ここでは名前を呼ばれたら目をあわせるという行動を犬がした場合ごほうびをあげる。ごほうびは大好きなおもちゃでもいいですし、たっぷりほめてあげるのでもOK。犬自身が「こうすればごほうびをもらえる」としっかり学習するように、徹底的にほめてあげましょう。ちなみにほかのしつけでは、飼い主が好まない行動をした場合、おしおきをするのが原則です。ただアイコンタクトしつけの場合、おしおきをしてしまうと犬が「名前を呼ばれる=嫌なことが起こる」と名前を呼ばれることを怖がってしまう可能性があります。そのためアイコンタクトしつけをする場合、ごほうびをよりよいものにするといったアメをたっぷり与えることでしつけを進めていくのが望ましいとされているようです。

この基本中の基本ともいえるしつけができれば、その後の様々なしつけを進めていく難易度もグッと下がります。逆にこのしつけができていない状態でほかのしつけにチャレンジしても、たいていは言うことを聞いてくれません。道路に飛び出して交通事故にあうなど、思わぬ事故を防ぐものにもなりますのでぜひ実践してみましょう。