Home  next  家で飼える愛されペットのすべて  next  アクアリウムを武器とせよ

ミステリアスなる猫

魚もまた、もちろん動物の1つとして数えることができます。スキンシップこそできませんが、鑑賞する楽しみは犬・猫などより大きいかもしれません。手間をかけるほど美しく育つのも嬉しいところです。あなたも流行のアクアリウム、始めてみませんか?

育てる魚は何にしよう

金魚やメダカやミナミヌマエビなど、手軽なところから始めるのがアクアリウムの鉄則です。初期投資も少なくて済む上、失敗したときの損失も小さめです。しかし、これらの小魚の飼育の成功に弾みをつけて、いきなりアロワナなどの大型魚を育てるのは微妙です。

そもそも、熱帯魚と一般的な淡水魚では育て方がまったく異なります。専用の器材も必要な上、まめな世話が必要になります。エサの費用もバカにならない上、大きく育つほど水槽の移し替えなどの手間も増え、お金と時間を際限なく奪われることになります。

熱帯魚を飼うならば、やはりグッピーやネオンテトラがお手軽です。繫殖力も強く、それなりに世話をしていればすぐに水槽が賑やかになります。大きな水槽も必要なく、部屋の中で場所を取らないこと、また割合光熱費も安く飼育できるのも魅力です。

女性ウケがいいアクアリウム

アクアリウムは、インテリアとしても一級品です。特に女性は、魚がのびのびと泳ぐ水槽が部屋に一個あるだけで、警戒心が緩むと言われています。部屋を暗くすると、暗闇と水槽とのコントラストも絶妙に女性の性欲をくすぐり、ベッドへの期待も高めていきます。

つまり「非モテ」解消のテクニックとしてアクアリウムを採用するのもアリ、ということです。特に女性との縁が薄くなる中高年の男性には、少ないチャンスを必ず仕留めるための優れた「武器」となります。また、水にはヒーリング効果もあるので、ベッドの心理的な緊張を和らげるのにも一役買ってくれるでしょう。しかし、勃起までサポートしてくれる作用はないので、EDにならないか不安な中高年男性はクリニックでバイアグラの処方を受けてください。

魚たちは、あなたの生活をあらゆる意味で充実させてくれます。「アクアリウムが趣味」と公言するだけで、周囲の人に「優しい人なんだな」というイメージも与えられるかもしれません。ペットとして、そして異性への「武器」として、あなたも魚を飼ってみませんか?